ドラッグストアと調剤薬局の薬剤師

皆さんは、町のクリニックの近くにある調剤薬局は本当に必要なのか?と疑問に思う事があると思います。

最近は大手のドラッグストアには必ずと言っていいほど、調剤薬局が併設されています。
そんな中、町のクリニックの近くにある薬局は、本当に儲かってるのかと思うほどです。
私も実際には大手のドラッグストアの調剤薬局に行く事が多いですが、時々こんな事件が起こります。

薬剤師さんから「ごめんなさい。この薬はうちでは扱ってません」と言われました。
んっ?と思う事でしょう。
棚にはあんなに大量の薬が並んでいるのに、なぜない?
確かに考えて見ると、町のクリニックでは年配のお医者さんが診察を行なっている場合が多く、新しい薬を信用していないお医者さんが多いような気がします。
働いている時何度「先生、その薬は製造終了です」と言ったことか…。
若いお医者さんは新薬に興味があり、一般的に多く使われている薬を出してくださるので、そんな事もないと思いますがね。

とにかく、町のクリニックで年配のお医者さんが診察しているようなところでは、近くの薬局に行く事をお勧めします。
そうした薬局は、お医者さんがよく出す薬に精通していますので、在庫不足の理由以外では取り扱っていないということは無いと思われます。
精通しているというよりは、製薬会社の営業さんがお医者さんのところにいった後に、この薬を入れる話し合いを付けてきましたという報告の元、成り立っている事が多いです。

お医者さんによって、薬の好みがあります。
薬のというより、製薬会社の好みと言った方がわかりやすいかもしれませんが。
製薬会社の営業さんも大変だなと思う事がよくあります。
成績を残すのにみなさん必死ですからね。
また、ジェネリックが多く使われるようになってからはお医者さんも製薬会社も薬局もみんな必死です。
でも、間に入った薬剤師が一番大変かもしれませんね・・・。

とにかく、町のクリニックで診察を受けた時は、近くにある薬局に行くとすんなり薬を処方してもらえるので、必要だという事がわかりますね。